前へ
次へ

小学校低学年における友人関係の築かれ方

大人になってくると人間関係の重要性がそれなりにわかってきて、意識的に良い関係が築けるような行動をとることもあるかもしれません。
子供のころとなるとまだまだ人間関係が分かっていませんから、いつの間にか友人関係になっていたり逆に友人関係が解消されている等があるかもしれません。
小学校低学年では幼児期からの流れで同様な形で友人関係が築かれるケースが多いようです。
近所にいる同年代の子と友達になったり、公園などで遊ぶようになって友人関係になるなどです。
自分の趣向と同じ趣向を持つ子と友達になりやすい反面、趣向が変化すると友人関係がなくなるときもあります。
教育として子供に遊びを教えたりおもちゃを買い与える等があるかもしれませんが、むやみに色々な趣向のものを買い与えるなどするのは良くないときもあります。
もちろんいろいろ経験させることで分かることも増えていくでしょうが、飽きやすくならないよう注意しなければいけません。

Page Top