前へ
次へ

友達同士をどう呼び合うかで関係が変わる

大人になると初対面の相手に対しては誰々さんとさんを後ろに付けることが多くなるかもしれません。
女性に関しては子供の頃から使うことが多く、男性だと子供のころは君を付けることが多いでしょう。
その他さんや君を付けない呼び捨てであったり、あだ名などをつけて呼び合ったりすることもあります。
小学生時代には同級生や友人同士で呼び合うとき様々な呼び方をします。
親しみがある友人関係があると互いにあだ名をつけて親近感を持って呼ぶことが多くなるでしょう。
一方男子を君付け、女子をさん付けで呼ぶのは友人関係がまだできていないとき、友人と認めていないときなどが考えられます。
学校教育においてクラスでアンケートをとると、誰がなんと呼ばれているかなどが分かるかもしれません。
クラスになじめない子などはあだ名などを付けられなかったり、本人が好まないあだ名をつけられるケースがあります。
担任の先生の立場ならこの状況を把握することでなじめない子の把握やその後の対策ができるかもしれません。

Page Top