前へ
次へ

反抗期の時期による対応の仕方の違い

子どもを子育て、教育する上で避けて通れないのが反抗期です。
子供がその状態になったときには自分

more

きょうだい喧嘩で下の子が泣いているときの対応

親子の場合は親はそれなりに社会を知っている大人で子供はまだ未熟な子供です。
子供が未熟な態度を

more

きょうだいがいるときにどんな教育をするか

きょうだいは漢字を充てると兄弟になりますがもちろん女性の姉妹なども含まれます。
男性のみなら兄

more

反抗期がない子供の接し方を知っておく

子どもを育てていくときには反抗期をいくつか迎えます。
それまで親や先生の言うことを聞いていたのに少しずつ反発するようになり、生活態度が一変することもあります。
ただ反抗期は子供が成長する上では必要な要素とも言われ、あまり反抗期を嫌がったりするのは子を教育する上では良くないかもしれません。
そんな中反抗期がない子がいるのも事実です。
大きな反抗期として中学から高校の多感な時期があるでしょう。
友人関係であったりメディアなどの影響で自分の考えを持つようになり、親からの意見に反発するようになります。
でもそんな時期にも親の言うことには黙って聞き、素直な態度を続ける子もいます。
反抗期は自分の主張を訴えようとすることから起き、自分の主張をすることはたとえ間違っているとしてもできる能力も必要です。
逆に自分の主張が出来なければ間違いを正せなくなる可能性もあります。
子供があまり反抗しないのであればきちんと自分の考えや主張を持たせる教育が必要になるでしょう。

人材ビジネスのサポート

パソコンの調子が悪い

Page Top