前へ
次へ

子どもに対する親の4パターンを知っておく

子どもが良くないことをしたらどうするかですが、親であればかつては厳しく一方的に叱るのが一般的だったかもしれません。
時には手を上げることもあり、子供自身も怒られるのが嫌で良くない行動を辞めるようになります。
しかしこれが教育において正しい対処の仕方なのかを知っておく必要があるでしょう。
学校における子供への対応が問題になり、さらに家庭内においても過度の叱りつけは問題になってきています。
一方的な叱りつけは子供の気持ちや考えを遮ってしまうので時には自分の主張ができなくなる子供になる可能性があります。
一方で甘やかしや放任など子供に好きなようにさせるのも良くなさそうです。
大人が子供を教育するときの対応としてベストなのは、子供の話を聞きつつも誤りを正す姿勢になるでしょう。
一方的にしかりつけるのではなくまず話を聞いて子供の行動の理由を確認します。
そのうえでなぜそれが良くないことなのかを言葉できちんと話します。
一度で分からなくても何度も話をすることで子供も理解してくれるでしょう。

Page Top